陶房 眞喜屋

琉球王朝時代の古陶の良さを現代に伝える

  • 陶房 眞喜屋 麻婆豆腐
  • 沖縄・南城市 佐敷に工房兼ギャラリーをかまえる「陶房 眞喜屋」。沖縄の古民家を利用したギャラリーには、琉球王朝時代の古陶の良さを残しながら、今の私たちの暮らしに馴染むやちむんが広がります。
    作り手の眞喜屋修さんは、沖縄芸大在学中から陶芸を学び、大嶺實清氏の元で7年間修行後独立し、「陶房 眞喜屋」で真摯に作陶されています。
    壺屋焼以前の琉球古陶や湧田焼、李朝白磁に影響を受けたといううつわたちは、素晴らしい技術で生み出される美しい形に藍色の躍動感ある筆さばきの絵付けが印象的。
    様々な陶器が人気の今、眞喜屋さんのうつわは古くから伝わる古陶の良さを持って進化していきます。

    眞喜屋 修
    1969年 沖縄生まれ
    1994年 沖縄県芸術大学卒業後、読谷山焼 大嶺工房 大嶺實清氏に師事
    2001年 首里城近くに「陶房 眞喜屋」設立
    2013年 南城市に工房移転

藍と白のコントラストが美しい染付のうつわ。
どんな料理をのせても美味しく、美しくみせてくれる毎日使いたいうつわです。

陶房 眞喜屋のすべてのアイテム その他の陶器 その他のキッチングッズ
55
表示順序 : 
表示件数 : 
在庫表示 : 
販売状況 : 
入荷状況 :