adidas consortium Selected by Styles

CONSORTIUMとは?

2004年、アディダス オリジナルスが誇る不朽の名作スーパースターの誕生35周年を記念するプランを検討する際、アディダスが持つ顧客基盤の広さや厚さを表す方法として考えられたのが<adidas consortium(アディダス コンソーシアム)>のはじまり。

その企画の一環として、世界中に広がるスニーカーブティックをゆるやかに結び付け、コラボレーションの相互関係を構築することを目的に“Consortium(共同体)”という名称が考案されて本格スタート。その後、小休止期間を経て2011年より再始動。

世界有数のパートナーシップによるプロジェクトが実施される一方、アディダスでもさまざまな製品をクリエイト。各々の独自ストーリーとデザインコンセプトの結集によって新解釈を施し、インラインとは一線を画する秀逸なプロダクトを提案してきた。現在ではアディダス フットウェアの最上級レンジとして定着し、希少性の高いプロダクトを発信するプレミアムレーベルとして世界中のスニーカーフリークから注目を集めている。

また、<adidas consortium(アディダス コンソーシアム)>のプロダクトは、世界の中でも名だたる高感度ブティックやごく限られたスニーカーブティックにて展開され、国内では『ps』を含めて8アカウントのみで取り扱われるレアな限定品となっている。

p01

2005年設立のイギリスを代表する高感度セレクトショップ『END.(エンド)』との共同企画より、アディダスが展開するアウトドアスポーツ・レーベル<アディダス テレックス>の長距離用トレイルランニングシューズ、テレックス アグラヴィック XTをベースとした別注モデルが登場。接合ゾーンを備えたメッシュとTPU素材のコンビネーションアッパーや足を包み込むソックライク構造を採用し、「BOOSTフォーム™」内蔵のミッドソールや抜群のグリップ力を誇る「コンチネンタル」社のラバーアウトソールを搭載するなど、アウトドアフィールドにおいて高次元のパフォーマンスを発揮する先進テクノロジーが凝縮された1足。そんな高性能モデルをベースにアレンジした本作は、着用者の体温変化によって色調が変化する“サーモクロミック(熱変色性)”と呼ばれる染色技術を取り入れ、ケージ部分が体温の上昇とともにブラックからサーモンピンクへと変色する。また、カラフルなマーブル模様が目を引くアウトソールを組み合わせることにより、足元にさりげない華やかさをプラスするスタイリッシュな仕上がりとなっています。一見シンプルな装飾ながら着用時にヴィジュアルが変貌するというユニークなギミックで遊びを効かせた渾身の意欲作です。

coordinate

  • c01
  • c01
  • c01

ドレープ感あるポリエステル混紡の軽量セットアップに、インナーは機能性を兼ね備えたメッシュTシャツ、足元はトレイルランニング系スニーカーをスタイリング。エレガントさの中にもスポーツ要素を取り入れ、堅苦しくならないよう素材で気安さを追求したカジュアルセットアップスタイリングです。

CHECK ALL

p02

オーバープロネーションなど足裏のねじれをコントロールする1989年発表のトルションシステムのデビュー30周年を称え、<adidas consortium(アディダス コンソーシアム)>より1997年に登場したランニングシューズの隠れた傑作、FYW S-97(フィーツーウェアS-97)の復刻版が満を持してリリース。本作は、各カテゴリーにおける“Best of adidas”を開発すべく発足されたEQT(エキップメント)シリーズから、EQTサルベーションという名称でリリースされていた当時のハイエンドモデルをリプロダクション。1996年に発表された自然な足の動きをサポートする先進テクノロジー「Feet You Wear(フィーツーウェア)」をはじめ、トルションやアディプリーンといった当時の最先端テクノロジーを駆使してデザインされた1足が、美麗なトリコロールのOGカラーをまとって当時の面影そのままに甦る。装飾的なレイヤードアッパーとチャンキーなアウトソールが90年代のトレンドを想起させる注目モデルです。

coordinate

  • c01
  • c01
  • c01

軽快なランニングシューズに、気軽なスウェットパンツTシャツを合わせ、アウターとしてナイロンの軽量シャツジャケットをスタイリング。固くなりすぎないスタンドカラーの軽量ナイロンシャツを羽織らせて、緩くなりがちなスウェットスタイルに引き締め効果を与えます。

CHECK ALL

p03

1989年に誕生したトルションシステムの30周年を記念し、<adidas consortium(アディダス コンソーシアム)>からZX9000の後継モデルとして同シリーズの最新型が待望のドロップ。ZX10,000と名付けられた本作はZXシリーズの元デザイナー、Jacques Chassaingのパートナーシップのもと、1000番台のDNAを受け継ぎながらコンテンポラリーな要素をミックスアップして生み出されたまったく新しいプロダクト。スウェード、ナイロンメッシュ、ウェブテープ、TPUといった異素材を巧みに取り入れつつ、複数レイヤーが印象的なアッパーに伝統のトルションシステム搭載のソールユニットを組み合わせて構築。緻密なクラフトワークによって設計されたフォルムをレトロ風味のカラーリングで彩り、往年の名作たちの姿を彷彿とさせる仕上がりとなっています。30年の時を経て伝統のZXシリーズの系譜に新たな歴史を刻む、完成度の高さに注目したいマスターピースです。

coordinate

  • c01
  • c01
  • c01

STREETシーンでは定番となっているCOACHジャケットの重さを、エレガントなチェック柄イージーパンツを合わせ、さわやかさとカジュアルになりすぎないスタイリングを作っております。
さわやかな色合いのスニーカーを合わせることにより、大人のストリートスタイリングを演出します。

CHECK ALL

p04

アメリカとフィリピンに軒を構える2004年設立のライフスタイルブティック『COMMONWEALTH(コモンウェルス)』が提案するコラボレーションモデル。初代ZXシリーズの名機を最新テクノロジーとの融合によって再構築したアップデートモデルのZX500 RMをベースに、同ショップがあるロサンゼルスとフィリピンの海岸沿いからインスパイアされてカスタマイズ。薄いフィルムをメッシュに重ねるモノフィラメント製法のマテリアルやスケッチ風のステッチワークで表現したスリーストライプスなど、クラフト感のある趣向が凝らされたディテールに注目したい1足。ビーチがテーマとなった清涼感あふれるクリーンな印象に仕上げられたリミテッドエディション。

coordinate

  • c01
  • c01
  • c01

シンプルなデニム+Tシャツスタイルには、クラフト感も持ち合わせたクリーンな印象のスニーカーを合わせます。アクセントとしてモード系のオーバーサイズのアウターを合わせることにより、シンプルなデイリースタイルに、他とは一段上のファッション性の高さを引き立たせます。

CHECK ALL

p05

1980年代にあらゆるランナーのニーズに応える名機を数多く輩出したZXシリーズより、1989年に発表された長距離トレイルランニングシューズ、ZX4000の生誕30周年を祝うべく<adidas consortium(アディダス コンソーシアム)>から初となる復刻版が待望のリリース。シンセティックスウェードとナイロンメッシュでレイヤーを重ねながら複雑なカッティングで切り替えたアッパー、踵へのショックを吸収するソフトセルや自然な足の動きをサポートするトルションシステム搭載のソールユニットなど、当時の先進テクノロジーを集結して具現化したハイスペックモデルとして登場。長い歳月を経て初めて復活を遂げる本作は、素材使いはもちろんのこと、細やかなディテールまで忠実に再現しながら当時のカラーパレットを採用してリプロダクション。タイムレスで洗練されたルックスそのままに甦る、レトロランニングファン必見のOG仕様の逸品です。

coordinate

  • c01
  • c01
  • c01

何気ないコットンストレッチイージーパンツに、グラフィックTシャツというリラックススタイルにはレトロな配色のスニーカーをスタイリング。アクセントとしてチェック柄JACKETを羽織るだけで、緩くなりすぎない程よい大人の雰囲気を醸し出した印象に変化します。

CHECK ALL

p06

ボストンを拠点にLAにも進出を果たしたスニーカーブティック『Bodega(ボデガ)』との共同企画より、サッカーファンに愛される2000年発表のサッカースパイクの名作、PREDATOR PRECISION(プレデター プレシジョン)をストリート向けに刷新したコンセプトモデルのソバコフが登場。カーブのつけたスリーストライプスやオフセットレースといった名作のアイコニックなディテールを踏襲しつつ、不規則なヘリンボーン模様の溝が入ったラバーアウトソールが特徴となった1足。淡いベージュのスウェードを基調に光を受けて鋭く反射するリフレクティブ材や精彩なオレンジの差し色でアクセントを加え、ソール裏には同店のロゴが大胆にレイアウトされています。エクステリアを同系色の濃淡でバランス良く構成することで、エレガントな雰囲気が漂うルックスにメイクアップした逸品です。

coordinate

  • c01
  • c01
  • c01

シンプルなシャツ+スラックスのスタイリングには、主張の強いデザインのスニーカーをスタイリング。 エレガントな大人のスタイリングに、スニーカーのバランスよい配色をアクセントとして加えることにより、シンプルになりすぎない絶妙なバランス感のスタイリングを実現します。

CHECK ALL
  • 掲載アイテムをすべてチェック
  • adidas consortiumをチェック