EFILEVOL×かねぶん×書道家 万美×Styles


【EFILEVOL(エフィレボル)】

モードのようなファンタジー性を持つデザインとは違う、 あくまでリアルに着ることの出来るカジュアルレーベルでありながら、シンプルではなく、シルエットやディテールにきちんとデザインされたコレクションを創る事をコンセプトとする。 産み出すデザインは見る者に、 フレッシュで時にユーモアのある印象を与えられるかどうかを重要とする。


【かねぶん】

かねぶんは静岡県静岡市清水区吉原で茶業を営み続けて百十余年。 一般的に市販されるお茶は、味・色・香と言ったお茶の味覚すべてに優れるよう、 色々な産地の茶葉を” ブレンド” して作られています。 一方でかねぶんのお茶は、吉原に備わった土壌や気象条件から生まれる茶葉のみを原料とするため、 必ずしもオールマイティなお茶とは言えませんが、ここにしかない環境で、 ここでしか生まれないお茶を、ここでなければ味わえない感動と共にお伝えできるのは、 ここで暮らし、ここで茶農家を営む私たちにしかできないことだと感じています。 100%吉原産にこだわりを持ちながら生産、販売を行っています。


【書道家 万美 / Calligrapher MAMI】

1990.6.6、山口県下関市出身。 9歳で筆を持ち、高校時代より書家を志す。 HIP HOPカルチャーのひとつ、グラフィティを 書道と同じ視覚的言語芸術と捉えた“Calligraf2ity”を確立。 個展やパフォーマンス、作品展示は日本をはじめ、 アジア・ヨーロッパ・アメリカ・アフリカ・オーストラリア等でも Calligraf2ityを表現している。 現在は東京・大阪・山口に拠点を置き、国内外を巡る。


7
表示順序 : 
表示件数 : 
在庫表示 : 
販売状況 : 
入荷状況 :