incase Apple社が、世界ではじめて公認したバッグ&ケースブランド!

『Incase(インケース)』の代表モデルを徹底解剖!
1997年に、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで生まれたバッグブランド『Incase』。
創業よりデザイン設計に重点を置いていることもあり、同時期に立ち上がったApple社は、いち早く公認ブランドとしてMacBookをはじめとするアップル製品専用のバッグやケースを共同でデザイン。さらにアップルストアでの販売を行なった事でもお馴染みのブランドだ。
『Incase』のバッグは、"Simplicity(シンプル)"、"Efficiency(効率的)"、"Agility(機敏)"、これら3つのファクターからなるコンセプトに基づき、高いクオリティを保ちながら、時代の必要性に応じてつねにアップデートしている。

つまり、トレンドに左右されず、PCなどのデバイスを持ち歩く上での最適な機能を持ち合わせたバッグを創り続けているブランドなのだ。
今回は、『Incase』の代表的なモデル「Cityシリーズ」と、「ICONシリーズ」のふたつのシリーズにフォーカスし、"『Incase』の一体何が良いのか?"を徹底的に解剖する!

City Series
City Series
よりライトに!よりカジュアルに!
機能は変えずに、カジュアルなシーンに
デザインを落としこんだライン。

btn01

ICON Series
ICON Series
アップルストアでも世界的に
展開されている『Incase』の最高傑作!

このモデルがなければ、『Incase』は無
かった"と言っても過言ではない、人体工
学に基づいてデザイン設計されたモデル

btn02

City Series

pic01
PCに特化した機能は変えずに、少しだけカジュアルなシーンに落としこんだラインが、この「Cityシリーズ」だ。

毎日の生活の中で大切なモノを、整理、保護、そして持ち運ぶことができるようデザイン設計された、モダンで都会的なシリーズ。

丸みを帯びたデザインが、ストリートからカジュアル、スポーツ、リラックスウェアなど、さまざまなスタイルに合わせやすく、老若男女、ダレもが気軽に使える形となった。しかも、生地は"500デニール混合ポリエステル"を採用し、軽くて丈夫。

City Backpack」、「City Compact Backpack」のほか、「City Brief」や「City Market Tote」など、多数のモデルを展開。
pic02

POINT 01

中のモノを守る360度クッション。
両面が起毛した生地を使用したPC用コンパートメントと、360度に施されたクッションとが、収納したラップトップや内容物をしっかりと保護。さらに、この360度クッションがあることで、よりバッグを安定して置くことが可能となり、しかも置く時の衝撃も最大限に抑えられる設計になっている。

pic03

POINT 02

ビジネスからアソビまで、どんなライフスタイルにも合う。
容量が大きめなので、旅行に!スポーツに!と、さまざまな状況で使用可。ビジネスというよりも、むしろアソビでも使ってほしい。アナタのライフスタイルに合わせられるデザインがイイネ!

pic04

POINT 03

女性もカジュアルに使いこなせ!
メンズのイメージが強い『Incase』。だが、この「Cityシリーズ」では、生地やサイズの選択肢も多く、男女を選ばずどんな状況にもピッタリ合う、よりカジュアルを表現した形なのだ!

Cityシリーズをすべてチェック

City Series

pic05
デバイスの進化に合わせてアップデートを繰り返し、永きにわたって展開し続けている、まさにブランドを代表するシリーズが、この「ICONシリーズ」。

ヘビーオンスのナイロン生地を使用しているので、ちょっとやそっとではヘタレないタフなボディながら、独立したPC用コンパートメントを持つなど、あらゆるデバイスをしっかりと保護。ビジネスでもカジュアルでも、どんなシーンでも使用できるシンプルなデザイン。そして、人間工学に基づいた設計のショルダーストラップなどなど、まさに『Incase』の最高傑作だ。

ICON Backpack」、「ICON Slim Pack」、「ICON Lite Pack」の3モデルを展開している。
pic06

POINT 01

PCなどのデバイスに素早くダイレクトにアクセス可能!
より早く、よりすぐにPCを取り出せるのが、この「ICON」の特徴だ。メインコンパートメントとは別に、独立したPC専用の収納スペースがあるので、すぐにPCを取り出さないといけない場面が多いビジネスシーン、そして、移動の多いアナタにピッタリ。

pic07

POINT 02

人間工学に基づいたデザイン。
PCや書類などの重い荷物を入れたバッグを背負うと、やはり肩が疲れる。「ICONシリーズ」のショルダーストラップは、厚めのエアメッシュクッションを使用し、肩の負担を軽減。そして、逆Y字型にデザインされた接着面が熱と湿気を逃がしてくれるので、より快適なバッグライフを可能に!

pic08

POINT 03

ミニポケットを使いこなせ!
移動中、急なクライアントからの電話に、充電器とiPhoneの両方を手で持ち歩く、、、なんて事は、よく見るビジネスマン&ビジネスウーマンたちの姿。「ICONシリーズ」では、ショルダーストラップに付属するミニポケットに充電器を入れておけば、ケーブルを繋いだまま電話が使用可能だ!

ICONシリーズをすべてチェック
incaseのアイテムをすべてチェック

『Ecoya』とは

生地の製造工程に於ける革新 Ecoyaは糸ではなく原材料の段階で顔料染めをしている為、従来の染色方法によって染められた 糸と比較すると、太陽光・水・洗濯等にによる色の経年変化が起き難いのが特徴です。
また、生地の製造工程を革新できたことにより、二酸化炭素の排出量、化学薬品や水の使用量を 大幅に削減できました。Ecoyaは自然環境保全を意識した国際的に人気な素材です。

『Incase』について

『Incase』は1997年に米国カリフォルニア州にて設立。
iPhoneやiPad、MacBookなどの保護/持ち運びに適したバッグ&ケースブランドとしてApple社の公認を受けグローバルに展開。
『Incase』のピロダクトには、Simplicity(シンプル)、Efficiency(効率的)、Agility(機敏)の3つの要素が備わっているのが特徴です。
製品開発にはミュージシャンやアスリート、インダストリアルデザイナー、アーティストなど各分野で活躍するエキスパートのアイディアや意見が反映されています。
他にないユニークで機能美に満ちた独自のディテールがプロダクトには盛り込まれており、世代や性別を問わず、全ての人のライフスタイルをサポートするブランド、それが『Incase』です。

文・カネコヒデシ(Bon Voyage)

カネコヒデシ MEDIA DIRECTOR / Editor&Writer / DJ / Journalist
トーキョーの生活をちょっとたのしくする社会派カルチャーマガジン『TYO magazine/トーキョーマガジン』と、ニッポンのいい音楽を紹介するプロジェクト「Japanese Soul」を主催。
また、ファッションや音楽、映画、アートを紹介するカルチャージャーナリスト、さまざまな社会問題をムダにナナメ斬りする社会派ジャーナリストとしての活動のほか、ラジオなどの音楽選曲をはじめとするDJ活動、音楽を中心とするさまざまなイベントのオーガナイズ、MC業、プランナー、アパレルブランドのディレクション/プランナーとしても活動中。

TYO magazine:http://tyo-m.jp
Japanese Soul:http://japanesesoul.jp